MENU

アルツハイマーに良いサプリ!

アルツハイマー病とは脳疾患で思考能力や記憶が少しづつ弱くなり、最終的には日常生活に支障をきたすほどの病気で高齢者の認知症で一番多いと言われています。症状が悪化すると昼夜問わずの徘徊や被害妄想などの行動も見られるので家族は心配ですよね。原因は加齢による脳の老化や遺伝子などとも言われていますがいまだ明らかになっていません。ただ脳に特殊なたんぱく質が溜まることで神経細胞が壊れてしまうため、認知機能に障害が起こると考えられています。

 

アルツハイマーは急に起こる病気ではなく、何年も前から様々な前兆が見られます。なので早期発見や早期治療によって症状が緩和されることも少なくありません。規則正しい生活、栄養バランスのとれた食事、質のいい睡眠、日々楽しく過ごすなどといったちょっとした心がけがとても効果があるそうです。他には、脳にいい栄養素を摂り入れることで、脳の萎縮を防ぐことが出来ます。脳にいい栄養素としてDHAやえごま油に含まれているオメガ3系油、記憶機能を改善させるプラズマローゲンなどが最近注目されています。食べ物からなかなか必要量摂れないので、それらの栄養素がしっかり配合されたサプリメントを上手に活用することをおすすめします。

 

85歳以上になると2人に1人は発症すると言われています。発症してしまうと完治することは難しいので周りの方も長い付き合いになり大変です。脳に良いとされる生活スタイルやサプリメントで少しでも負担が少なくなるといいですね。

 

 

プラズマローゲンの特徴

すぐに物の名前が思い出せない、「あれ」「それ」が増えた、なんとなくだるい、など思い当たりませんか?それはきっとプラズマローゲンが不足しているかもしれません。プラズマローゲンは認知の低下を抑える役割があり、ストレスや寝不足などによる老廃物を出す働きがあるのですがすぐに減ってしまうので、常に身体に摂り入れる必要があります。しかし食事からはどうしても必要量摂る事の出来ない成分なので、そんな時は高純度のプラズマローゲンを配合したサプリをおすすめします。貴重な国産のホタテ貝から抽出しているので安全性も高いですしDHA・EPAも含まれているので、脳の活性化にとても効果的です。

価格 12,150円
評価 評価5
備考 国産ホタテ貝のプラズマローゲン

 

 

きなりの特徴

記憶力が弱くなっている、新しいことが覚えられない、すぐに忘れてしまうなどの症状は年齢のせいだと思って諦めていませんか?確かに加齢が原因で脳の衰えを感じることもありますが、症状が悪化すると認知症・痴呆症・アルツハイマー病といった生活に支障をきたす大きな病気になる恐れがあります。普段から脳の活性化を図るために読書やパズルや軽い運動も必要ですが、やはり身体の中から改善させるにはきなりがおすすめです。脳に良いとされるDHA・EPAが500r配合されているうえに、その効果を保つためのアスタキサンチン、ナットウキナーゼも贅沢に配合されています。これだけ脳に良いものがたくさん入っているサプリだから、しっかり飲み続けることで元気で生き生きした毎日が送れることでしょう。

価格 1,980円
評価 評価4
備考 DHA・EPA・アスタキサンチン・ナットウキナーゼ

 

 

プラズマローゲンEXの特徴

高齢化社会、老介護など最近よく耳にします。それだけお年寄りが多くなっている世の中ですからどうしても認知症やアルツハイマー病などの患者さんも増えています。脳に良いとされるプラズマローゲンはもともと身体の中にある成分ですが、加齢やストレスなどで少しづつ減っていきます。病気を予防、症状を緩和させるには早期発見・早期治療が一番です。そのためには食事から摂る事の出来ないプラズマローゲンを体内に効率よく吸収するためにプラズマローゲンEXをお飲み頂くことをおすすめします。腸で溶けるカプセルを小粒にすることで高齢者の方も無理なく飲めます。本人が気持ちが明るくなり生き生きすることで、その周りにいる方々もそれを見てうれしくなり幸せな気持ちにになれる事でしょう。

価格 4,330円
評価 評価3
備考 プラズマローゲン

 

アルツハイマーの原因はなに?

 

人間は睡眠を一切しなかったら生きていくことはできません。ですので、人生の3分の1ほどは睡眠に費やしていると言われています。

 

しかし、最近は睡眠不足になってしまっている人がとても多くなってきていると言われています。睡眠不足になってしまっていると体内時計が正常に働かなくなってしまって、食欲や血圧などのコントロールをする機能にも支障をきたしやすくなります。その結果、うつ病や糖尿病、高血圧などの発症リスクが高くなるということも、最近の研究で明らかになっています。

 

さらに、この睡眠不足によってアルツハイマー病の発症リスクも高くなると言われています。アルツハイマー病と言うのは、タンパク質が異常になってしまった状態であるアミロイドβが脳に溜まってしまうことで引き起こされてしまうという説があります。

 

マウスを使って実験をしたところ、起きている時に、このアミロイドβが増えていき、反対に寝ているときは減っていくことがわかりました。起きた状態のマウスに睡眠薬を投与したところ、アミロイドβの量がかなり減ったのだそうです。

 

高齢者になるほど、アルツハイマー病になりやすくなると言われているのですが、年齢を重ねていくと、睡眠力も低下してしまいます。

 

そのため、寝不足になってしまいやすいのですが、これは年令を重ねるにつれて体内時計も弱くなっていき、メラトニンが分泌されにくくなってしまっていることが原因だとされています。このメラトニンは睡眠ホルモンともいわれていますし、免疫力の向上や抗酸化作用があるとされています。

 

アルツハイマーを発症すると進行が早い?

 

そして、生活習慣を改善するという治療方法もあります。他の病気でもそうですが、運動を取り入れたり、しっかり寝て食べるようにするというのは、健康維持に必要なことですよね。これはアルツハイマーも例外ではないのです。

 

この他にも、ボランティアやサークルなどに参加をしていろいろな人とコミュニケーションを図ることも立派な治療法になっているのです。

 

これ以外にも、肥満にならないようにしたり、タバコを吸わないようにするようにしましょう。生活を見直す方法というのは、アルツハイマーになってから行うのではなく、40代になったくらいには始めるようにしたほうが予防をしやすくすることができるようになります。

 

実は認知症の初期症状が50代前半くらいで現れ始めているという人はとても多いです。しかし、この時期というのは、毎日が忙しいですし、充実している生活ができているため、症状も進行しにくくなっています。

 

また、脳の状態を保つためには、脳にいい栄養素をしっかり摂取するようにすることも大切ですし、睡眠もしっかり取るようにしなくてはなりません。

 

この他にも、体の働きを高めるために適度に運動をすることもとても大切になります。運動をすることで心臓の働きを強めることができるようになるだけではなく、血行促進されるようになりますので、しっかり脳に血液を送ることができます。これによって、脳の働きも強くなり、アルツハイマー病の対策をしていきやすくすることも可能になるのです。

 

この他にも、うつ病の状態になってしまっているとアルツハイマーの発症リスクを高めることになってしまいます。
うつ病になってしまうことによって、海馬が萎縮をしてしまいますし、脳に血液が十分に送られなくなってしまいます。

 

ですので、うつ病になってしまっているのであれば、アルツハイマー対策のためにも、ちゃんとうつ病の治療を行うようにすること、そしてうつ病にならないようにするためにも、ストレスを発散させるようにすることが大切なのです。

 

アルツハイマーの予防にオメガ3油を摂ろう!

 

最近は、パソコンやスマートフォンを利用する人もとても多くなりました。利便性が優れるようになったことはメリットですが、自分で考えたりする機会が減ってしまうという弊害もあります。そのため、最近は、若い人で若年性アルツハイマーになってしまう人が増加傾向にあるとされているのです。

 

物忘れをしてしまうことがあるのであれば、脳を働かせて思い出そうとします。これによって、神経細胞が保たれるようになったり、神経細胞を増やしていき、脳の働きを活発にさせることができるようになります。そうすれば、記憶力を高めやすくすることも可能になるのです。

 

しかし、思い出そうとしたり思考をする前にスマートフォンなどで調べてしまうと、それだけ脳の働きも弱くなってしまいます。

 

ちなみに、最近の研究で、DHAやえごま油などに含まれているオメガ3系油というのは、記憶力の向上作用があると言われています。オメガ3油を3ヶ月間摂取し続けると、シナプスと言われる神経細胞の細胞膜が新しくなるとされているのです。アルツハイマーというのは、シナプスがなくなってしまっている状態になってしまっていて、新しくすることができなくなってしまいます。

 

ただ、認知症を発症してしまったとしても進行スピードを遅らせることができるようになったり予防をすることが期待できるようになります。最近物忘れを良くするようになってしまったというのであれば、普段からオメガ3油を摂取するようにすることで、記憶を司っている海馬を守りやすくすることが可能になるとされているのです。

 

この海馬の隣には、扁桃体と言われる部位もあるのですが、この扁桃体は感情を司っている部位だとされています。扁桃体が正常に作用していれば、不安を抑えたりすることができるとされています。この扁桃体に対しても、オメガ3油はいいと言われており、うつの症状を改善することも期待できると言われているのです。

 

アルツハイマー予防に脳の活性化をしよう!

 

色々なアルツハイマー予防の方法があるのですが、普段から何かに興味を持つということも、アルツハイマー予防にいいと言われています。

 

何かに興味を持ったり趣味を持つようにすることで、何かに集中をすることができるようになったり、色々なことに気を配ることができるようになります。これによって、脳が活性化するようになり、アルツハイマーの予防をすることができるとされているのです。

 

ですから、なにか趣味を持つようにしたり、イベント等に積極的に参加をするようにしてみてください。脳の働きを弱くしないようにするためには、脳を働かせるようにするのがベストなのです。ぼんやりとテレビを見るのではなく、そのテレビの感想などを考えてみたりするだけでも、脳の働きを活性化させることができるようになったり、神経細胞を活発にすることができるようになります。

 

この他にも、将棋やオセロ、チェスなども、今後の展開を考えたりしますので、脳を活性化させることができるようになりやすいです。

 

また、手紙などを書くようにすれば、文章を考えたりすることができるようになりますから、頭を働かせられるようになるでしょう。

 

アルツハイマーで最も危険な因子というのは、頭を強く打つということです。ですので、日常的に運動をするようにして、体がすぐに反応できるようにしたり、頭を守るように運動神経を身につけるようにすることもとても重要になるのです。

 

アルツハイマーの人とどう向き合えばいいのか

 

家族を困らせようと問題行動をしているというわけではありません。アルツハイマーによってこのような行動などをしてしまっているのだということを忘れてはいけないのです。

 

叱られたり否定されてしまったりすると、精神的にストレスを感じるようになってしまって活力を失ってしまい、だんだん精神的に追いつめられてしまいます。これによって、アルツハイマーの症状が悪化してしまうということもあります。

 

ですから、アルツハイマーの症状が出たとしても、心に余裕をもたせるようにして優しくコミュニケーションを取ってあげるようにしてください。アルツハイマーを発症したら、色々なことができなくなってしまったりするということもあります。それでも叱ったりしないようにして、ストレスを感じさせないようにしてあげることが大切なのです。

 

アルツハイマーの人が恐怖を感じたり不安を感じたりすると、それだけ精神的に不安定になってしまって、症状がひどくなってしまうということもあります。

 

アルツハイマーの症状が悪化していくと、施設に入所することも検討するという人も多いです。ですが、逆に自分が突然家族と離れ離れになって、知らないところに住むようになってしまった場合、どのように感じるでしょうか?

 

私であれば、非常に不安になってしまいます。これはアルツハイマーを発症してしまった家族も同じことがいえます。これまでとはぜんぜん違う環境に一人だけ取り残されてしまうことになるのですから、相当な不安を感じてしまうことになるでしょう。ですので、施設に入所させるのであれば、どんな部屋で暮らすのかを本人とチェックしてみたりすることはとても大切なことなのです。

 

また、入所している人とコミュニケーションを取らせてあげることによって、入所をした時のストレスを軽減させることもできるようになるでしょう。